地域

拠点

過去数十年にわたり、アルバータ州インダストリアル・ハートランドはカナダ最大の炭化水素処理地域に成長しました。 アルバータ州の首都エドモントンの北東に位置するこの地域の面積は、582平方キロメートル(225平方マイル)におよびます。 ハートランドはカナダ最北端の大都市区域であるアルバータ州の首都圏にあり、130万人以上の人口を擁しています。

アルバータ州インダストリアル・ハートランドの工業地帯は、5つの自治体にまたがっています。 これには、エドモントン市の49平方キロメートル(20平方マイル)( エドモントンエネルギーアンドテクノロジーパークとして知られる工業地帯 )に加え、フォートサスカチュワン市とラモント郡、ストラスコナ郡、スタージョン郡内の533平方キロメートル(205平方マイル)が含まれます。

この地域は、石油、ガス、石油化学製品の製造・加工、および先進的製造などさまざまな分野にわたる40社以上の企業の本拠地となっています。 1958年以降、その自然がもたらす立地条件に惹かれ、世界的に有名な企業がハートランドに拠点を置くことを選択してきました。そして、現在までの投資額は400億ドルを上回ります。

アルバータ州のインダストリアル・ハートランド地域は、世界で最も豊かな天然資源の一つであるアルバータ州のオイルサンドへのアクセスが便利で費用対効果が高いという立地の利点をもたらします。

その他の立地に関する利点は以下のとおりです:

  • 費用対効果の高い安全な石油および石油化学原料
  • 道路、鉄道、航空、パイプラインがもたらすグローバル市場への接続が良好
  • 熟練した意欲ある労働力へのアクセス
  • 競争力のある事業環境および税務環境
  • 北米で最も急成長している大都市圏の一つに近接

地域の利点

原料

石油化学

カナダの石油化学生産能力の半分以上がアルバータ州にあるため、州は石油化学製品原料(工業加工に使用される原材料)の主な供給源となっています。 毎年135億ドル以上の製品を生産しているアルバータ州の化学・石油化学産業は、州で第2の規模を誇る製造業です。 アルバータ州の化学・石油化学産業製品の約半分は、世界中の市場に輸出されています。

石油化学産業に直結しているアルバータ州のインダストリアル・ハートランド(AIH)は、カナダ西部の堆積盆地の石油・天然ガス埋蔵地という戦略的な立地となっています。 ダウケミカルは、フォートサスカチュワンで、世界第2の規模のエタンクラッカーを運転しています。

州の現在の石油化学産業の存続は、天然ガス液(NGL)原料(特にエタン)の長期的に安全で経済的な供給と、国際市場に適した競争力のある価格の製品を開発する能力を踏まえたものです。

石油・オイルサンド

AIHは州の広大なオイルサンドに簡単にアクセスできます。 アルバータ州の製造業界は、豊富で競争力のある価格で供給される炭化水素原料から恩恵を受けています。 アルバータ州の原料の多くは、アルバータ州北部の地方自治体であるウッドバッファローのアサバスカオイルサンドにあります。 これらの鉱床は、知られている中で世界最大の石油埋蔵量の一つです。

オイルサンドには、1.74兆バレルのビチューメンが含まれていると推定されています。 このうち1,740億バレルは、現在の技術で経済的に回収することができます。 2005年、アルバータ州の原油ビチューメンの総生産量とアップグレードされた合成原油生産量は、アルバータ州の総原油の58%(およびカナダの39%)を占めました。 260万b/dから390万b/dに伸びていることで、カナダの総原油生産量は、2015年までに1日あたり400万バレル(b / d)に達すると推定されています。(カナダ石油生産者協会 2005年~2015年原油予測)。

アルバータ州のハブでは、一次エネルギー製品の取り扱い、保管、交換、そしてより価値の高い製品にアップグレードする物理的なポイントが設置されています。 ハブのパイプラインおよびインフラネットワークは、1日最大170億立方フィートの天然ガスを国内および米国市場に輸送します。 天然ガスの買い手、売り手、貿易業者のためのこの活気に満ちた市場は、そこを利用する者が数多くの買い手と売り手がいることから利益を得る効率的な取引ポイントです。

アルバータ州政府、石油化学開発事業者、およびその他のステークホルダーは、アルバータ州をハブとして推進するかたわら、原料供給およびその他の石油化学製品の成長機会を常に模索しています。

労働力

アルバータ州インダストリアル・ハートランドの企業は、合計約6,000人の正社員を雇用しています。 企業の規模は、数人から数百人までとさまざまです。 この地域の熟練した労働力には、小売商から環境の専門家、人的資源を扱う人、エンジニアまで、あらゆる人が含まれます。

アルバータ州の労働力が常に豊富で高度なスキルを持ち、十分な訓練を受けていることを保証することは、アルバータ州政府の最優先事項です。 具体的な目標や活動は、10年間の労働力戦略明日の労働力の構築と教育で概説されています。 この戦略は、従業員を引き付けて維持し、教育とトレーニングによってさらにアルバータ州の労働力を開発することを目的としています。 州や連邦のさまざまな資金調達イニシアチブがこの戦略に向けられており、今後もそれが継続されます。

州の労働力戦略やエドモントン経済開発公社のエドモントン・ワークフォースコネクションなどの取り組みは、今日の比較的厳しい労働市場で必要とされるものです。

今後10年間の労働力の需要と供給の予測については、 建設セクター評議会ウェブサイトにアクセスしてください。 その予測データは現在2023年にまで及び、特殊技術を要する建設業、貿易市場および職業市場、建設業における退職パターン、そして労働力移動の可能性を対象として、30を超える労働力予測を提供しています。

労働力に関するその他のリソース

運営費用

2001年、アルバータ州の電力・天然ガス産業は、より効率的で競争力のある市場とプロバイダーの幅広い選択肢を消費者に提供するために再編されました。 消費者が直接、または小売業者の代理店として卸売エネルギー市場に参加し始めました。 その結果、アルバータ州インダストリアル・ハートランド(AIH)の運営コストは、北米の中~大規模都市に比べて競争力のあるものとなっています。

競争力のある選択肢 – KPMGの国際ビジネスコストガイド(2010年)は、労働力、設備投資、税金、輸送、公共料金など26のコスト要因を比較しました。 その結果、エドモントンの事業運営費は、米国中西部およびカナダ西部に位置する22カ所の大規模な事業所中7番目にランク付けされました。 エドモントンは、米国に比べて4.3%のコスト優位性を示しています。

アルバータ州の経済的福祉は、厳格な水質基準による健全で持続可能な水供給を維持することに支えられています。 アルバータ環境省は、水質と水量に関する法律を管轄する州政府の省庁です。 水法は、水の承認、ライセンス、ガイドライン、および行動基準を示すものです。

水管理事業は、50億ドルを超える水管理インフラストラクチャを担当しています。そこには200を超える水管理システムも含まれます。 石油およびガス会社も、アルバータ州で認可された他の水利用者と同じ条件に従います。 油田注入のための水保全と配分ポリシー (2006年)は、飲料用地下水を使用する前に、石油・ガス企業に代替回収方法と水源を調査することを要求しています。 このポリシーは、水の転用の時間および数量制限についても概説しています。

アルバータ州で使用するために割り当てられている地下水は約1億6,400万立方メートルです。 そのおおよその消費量は次のとおりです:

  • 53% — 商業/産業
  • 25% — 農業
  • 18% — 地方自治体
  • 2% — レクリエーション
  • 1% — 灌漑
  • 1% — 魚の管理

水に関するその他のリソース

電力

アルバータ州の電力システムは、投資家および自治体営企業が混在して所有および運営しています。 アルバータ州の電力使用量の64%を占める州の大規模商業施設および産業ユーザーに電力を販売するために、20以上の企業が競合しています。 Utilities Consumer Advocateで、アルバータ州の再編された競争力のある電力・天然ガス市場に関する情報が提供されています。

州政府の省庁であるアルバータ州エネルギー省は、競争力のある電力市場と配電システムのフレームワークを開発、サポート、監視しています。 電力は、独立したアルバータ電気システムオペレーター(AESO )が運営する取引所を通じて自由に取引されます。 競合する発電事業者は、特定の電力量に対する価格入札を行います。 需要を満たすために供給が可能になる価格は、1時間ごとのプール価格になります。

アルバータ州エネルギー資源保護委員会 (ERCB)は、発電事業者、工業事業者、商業施設、または住宅顧客へのすべての伝送料金が公正であることを保証します。また、ERCBは、電力設備が経済的、効率的、環境的に責任のある方法で建設、運転、および廃止されることを保証します。

電力に関するその他のリソース

天然ガス

アルバータ州で消費される天然ガスの60%は、産業部門によるものです。 天然ガス料金は、各月の予想市場価格を反映しています。 規制対象の天然ガス料金には利益や値上げはなく、天然ガスの価格はERCBの検証の対象となります。

料金は競争市場で自由に設定され、北米や世界の価格変動の影響を受けます。 そこには以下が含まれます:

  • 需要と供給
  • 生産と探査レベル
  • 貯蔵庫への注入と取り出し
  • 世界の天候パターン
  • 競合するエネルギー源の価格と可用性
  • 将来のトレンドに関する市場認識

アルバータ州では、以下の主要企業2社が産業用天然ガスサービスを提供しています。

The Utilities Consumer Advocateは、以下に関する情報を提供します:

  • 大量消費者向けのオプション
  • 電気および天然ガスの小売業者
  • 流通会社

天然ガスに関するその他のリソース

研究開発

アルバータ州の石油・ガス産業は、エネルギー開発の多くの側面で世界をリードしています。 産業界、政府、教育機関が連携し、アルバータ州のエネルギー部門で現在使用されている主要な技術を直接担当しています。 その一例がアルバータイノベートです。これは、オイルサンドや石油・ガス産業技術に関するさまざまな研究を実施しています。

連邦政府と州政府の両方が業界と提携して業界の課題に取り組むことをコミットしています。 州は、研究開発に重点を置き、前向きなビジネス志向の姿勢を維持しています。 連邦政府は、大幅な税制優遇措置を提供することにより(研究開発への優遇税制はG7諸国で最大)、この視点を奨励しています。

カナダの主な目標の一つは、国際的な研究開発協力を増強することです。 そこには、新しい国際的なビジネスチャンス、世界最高の知性へのアクセス、努力の重複を排除するための共有インテリジェンスといった利点があります。 コストシェアリングの機会があれば、一国または一企業が個別にサポートするには高額過ぎるであろうインフラストラクチャ・リソースを開発することができます。

アルバータ州政府は、多様で活発な経済を構築するためにはイノベーションの支援が重要であることを認識しています。 それにより、2011年Alberta Budgetに示されているように、戦略的な科学・研究のリーダーシップを発揮することができます。

研究開発に関するその他のリソース

税の優遇

カナダは、投資に対する全体の税率が先進国の中で最も低く、G7諸国で最も魅力的な研究開発税額控除プログラムを提供しています。 カナダ歳入庁の科学的研究および実験開発を対象とした税優遇プログラムにこの支援の概要が記載されています。 これは、カナダ企業が新しい、改善された、技術的に進歩した製品またはプロセスにつながる研究開発を実施することを奨励しています。 このプログラムは、産業の研究開発に対する連邦政府の支援としては最大かつ唯一のものです。

税に関するその他のリソース

研究施設

アルバータ州には、世界有数の研究施設があります。アルバータ州は、研究開発がすべての経済セクターの成長を確実にする鍵であると認識しています。 アルバータ州の超近代的な研究開発施設は、革新的なアイデアを実用化するためのハイレベルな機会を科学者に提供します。 政府、産業、教育機関の間のコラボレーションは、継続的に画期的な研究開発をもたらしています。

アルバータ州の研究施設には、以下のものがあります:

教育施設

アルバータ州の教育機関は、卓越した研究開発の成果で国際的に認められています。 アルバータ大学は委託研究による収益を得ることに長けており、高度な研究プログラムに資金を提供することができます。 優秀な科学者は、こういった世界レベルの大学の設備に魅力を感じています。

より大きなコミュニティが、アルバータ州の大学の研究から大きな利益を実現しています。 技術を商業化することで研究結果が民間部門にもたらされ、経済成長を促します。 その結果、新しい企業が誕生し、既存企業には技術ライセンスが供与されます。 アルバータ大学の研究結果を得て、現在70社が活躍しています。

教育施設に関するその他のリソース

サービスと供給

アルバータ人は北米で最も高いスキルを持ち教育を受けている人々で、労働力の40%以上が中等教育以降の資格を持っています。 この地域の自治体は、技術的に裏付けられたインフラ開発における世界的リーダーとしてのエドモントンからの恩恵を受けています。 エドモントンは、グローブ・アンド・メール(Globe and Mail)のビジネスレポート(Report on Business)誌でカナダのスマートシティトップ5に選ばれました。 これは、高度なスキルを持つ労働力、大規模な研究集約型大学、ハイテク企業群、高度な通信インフラを備えた都市が選定されるものです。

AIHのサービスおよび供給会社は、主要産業がロジスティックを管理し、競争上の優位性を達成するのを助けています。 一方で、この地域の多くの加工・製造業のおかげで、経験豊富なサービス業界がさらに成長することができました。 この高度に訓練された熟練労働力は、施設の設計、エンジニアリング、建設などの産業プロジェクト管理で非常に活躍しています。

アルバータ州全体の主要事業者、産業部門、地域、コミュニティについては、Albertafirst.comで詳細なリスト、統計、プロファイル、機会についての情報を入手することができます。

ハートランドで開発された世界的に競争力のある工業系事業には、以下のようなものがあります:

  • 加工および配管モジュールの製造
  • 圧力容器の設計と製造
  • プラント保守およびシャットダウンサービス
  • パイプライン設計
  • 建設・監視制御およびデータ収集(SCADA)システム
  • インフラストラクチャと重量構造物
  • 特殊輸送および索具サービス
  • 無破壊試験および検査
  • 高品質の溶接および工作室

パートナー自治体の供給およびサービス業に関する情報については、リンクより参照してください:

フォートサスカチュワン市は、主要な業界市場情報と共に、商業、産業、多世帯家族に機会を与えるパッケージ情報も提供します。 市のウェブサイトのビジネスセクションを探索して、地域の健全な産業セクターの詳細を記述したコミュニティプロファイルにアクセスしてください。 また、ビジネスおよび商業圏データ、主要な産業/製品情報、および商業/工業用の土地、建物、リースの可用性も確認できます。

スタージョン郡は、主要産業に関連する業界の最新情報と投資機会、さらに商業および農業ビジネスの幅広い組み合わせを提供します。 スタージョン郡の経済開発部は、都心部から離れた工業団地、航空ベースの操業機会、承認プロセス、およびその他のビジネス要因に関する情報を提供しています。

ラモント郡は、工業・商業開発、主要産業、事業計画に関する情報を提供します。

ストラスコーナ郡は、企業、賃貸スペース、および利用可能な土地の目録を管理します。 主要プロジェクト、経済見通し、労働力統計など、ビジネスマーケティングの調査やコンサルティングを行います。 郡は、事業拡大や多様化に関心のある企業を支援し、関連するニュース、最新の地図、オンラインツールを提供します。

エドモントン市はアルバータ州の州都であるため、幅広いサービス、施設、事業などを提供しています。 複数の主要な高速道路と鉄道の輸送ルート上に位置し、国際空港が近くにあるため、エドモントンは、北米とアジアの貿易取り引きの重要な接点であるなど、国際輸送のハブの役割を果たしています。 エドモントンの経済生産高は主に、建設、金融、不動産、製造、貿易、運輸業界から得られています。

その他、カナダ西部最大のビジネス・工業団地であるニスク・ビジネスパークでも公共事業が実施されています。 この施設は、エドモントン国際空港のそばのルダック郡に位置しています。 二スクは、エネルギー、製造、サービス分野の400社以上の企業を抱えており、アルバータ州のサービス産業および供給事業の重要な一部となっています。

アルバータ州インダストリアル・ハートランド・アソシエーションは、この地域への進出や拡大を検討している産業や企業と積極的に協業しています。

この豊かな投資環境の詳細については、inquiries @ industrialheartland.comまでお問い合わせください。

税金

法人所得税率が低いことで、アルバータ州インダストリアル・ハートランド(AIH)は主要な開発地となっています。 AIH地方自治体は、世界で最もコスト競争力のある固定資産税制を実施しています。 アルバータ州の投資家は、州内で最も低いガソリン税のメリットを受けています。 資本税、小売売上税、給与税がかからないため、投資家は疑いなくビジネスに好都合な経済情勢の恩恵を受けます。

Alberta Treasury Board & Financeは、不必要な規則や規制を排除し、ポジティブな労働環境を促進することにより、税金の競争力を維持するための方針を策定します。 全体的に低い事業税は、生産性を向上させ、事業が成功し続けることができる雰囲気をサポートしたいという州政府の願いに応じています。 さらに、研究開発に対する大幅な税制上の優遇措置が連邦政府によって提供されています。

アルバータ州が実施する低資本投資税制により、企業は新しい技術や機械に投資することで、イノベーションを促進し、生産性を向上させることができます。

事業税に関するその他のリソース

地方税

アルバータ州の企業は、低い法人所得税率の恩恵を受けています。 アルバータ州の好景気は、連邦・州の連結法人所得税率が一般企業の場合32.12%、中小企業の場合16.12%であることにも表れています。

アルバータ州政府には次のものはありません:

  • 州の小売消費税(アルバータ州は、カナダで唯一の消費税のない州です)
  • 地方一般資本税
  • 給与税

全体的に力強く成長しているとの評価と要求の増加がわずかであることにより、州は2007年の課税年度の均一な教育用固定資産税率を約5.8%引き下げました。

競争力のある選択肢 :KPMGの国際ビジネスコストに関するガイドは、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋のビジネスコストを比較するための指針です。 場所によって異なる可能性が最も高い26の重要なビジネスコストの複合的な影響について報告しています。

地方税に関するその他のリソース

市町村税

アルバータ州、特にハートランドの地方自治体に拠点を置く企業は、世界で最もコスト競争力のある固定資産税の対象となっています。 アルバータ州の評価可能な資産には2つの課税が適用されます。コミュニティサービスに資金を提供する地方自治体の課税と、教育資金の調達を支援するために集められるアルバータ州学校基金です。

資産評価は、市価と地方自治法および規制に基づいて設定された規制値に基づいています。 資産評価は、土地と建物の価値で構成され、産業活動の場合、機械設備にも課税されます。 機械設備には、地下タンク、セパレーター、燃料ガススクラバー、コンプレッサー、薬品注入機、計量および分析機器などが含まれます。

機械設備は、製油所、化学プラント、パルプおよび製紙プラント、オイルサンドプラントなどの資産と組み合わせて適用されます。 ほとんどの機械設備は地方の査定官によって評価されますが、ライン資産の一部を形成する機械設備は、地方大臣によって任命された査定官と、地方自治法および規制に従って設定された規制値によって査定されます。

エドモントン市所在の場合、企業はエドモントンには事業税がないことに注意する必要があります(地方で運営されているビジネス活性化ゾーンを除く)。 エドモントンはまた、機械設備に対しても課税しません。 これにより、産業投資家は設備集約型の建設にあたり大幅な節約を実現することができます。 したがって、ほとんどの企業は非居住者固定資産税のみを支払います。

アルバータ州各自治体の税率に関する情報は、市政省から提供されます。

市町村税に関するその他のリソース

輸送

ハートランド地域の輸送ネットワークは世界クラスであり、継続的な拡大と改善により、最高水準を維持しています。 アルバータ州の輸送ネットワークの充実度は有名で、州、国、そしてその先の各地へ向けて高度に統合されたサービスを提供します。 カナダ北部と西部、米国、および環太平洋地域のオフショアへの直接アクセスが可能で、 世界のほとんどの市場に72時間以内にアクセスできます。

アルバータ州のインダストリアル・ハートランド(AIH)への搬入・搬出には、ほとんどの場合パイプラインおよび鉄道が使用されます。 効率的に設計、構築され、管理されているパイプラインは、製品の長距離輸送やさまざまな地域に向けた輸送に利用されています。

主要なトラック輸送会社も、州の13,000キロメートル(8,000マイル)の舗装された高速道路の恩恵を受け、この地域でサービスを提供しています。 近くの国際空港がハートランドに連絡しており、最高の品質と安全基準を満たす輸送ネットワークの一部を形成しています。

輸送業者は、最低限のユーザー料金や税しか政府から課されない、また規制緩和されたシステムを備えている支援的な規制環境を享受しています。 またアルバータ州では、復路運賃率が利用できるため輸送コストが削減されます。

鉄道

AIHの産業は、州の7,900ルートキロ(4,900マイル)の鉄道の恩恵を受けています。 カナダの2つの主要な鉄道、カナディアン・ナショナル鉄道(CN)およびカナダ太平洋鉄道(CP)、および戦略的に配置された多数のショートライン鉄道は、ハートランドの産業と市場を結んでいます。 アルバータ州の鉄道サービスは、専門のパートナー・ネットワークを通じてシームレスなインターモーダル輸送ソリューションを提供しています。 この地域では、CNがフォートマクマリー・オイルサンドにアクセスできるというメリットがあります。

カナディアン・ナショナル鉄道

CNネットワークは北米で唯一の大陸横断ネットワークで、カナダの8つの州、アメリカの16の州、メキシコを結んでいます。 その北米ネットワークは、主要ルートで129,000 kg(286,000 lbs)、二次ルートで121,000 kg(268,000 lbs)と119,000 kg(263,000 lbs)の総鉄道車両容量を荷主に提供しています。

CNはエドモントンから、ブリティッシュコロンビア州のバンクーバーおよびプリンスルーパートへ西方への直接サービスを提供しています。 プリンスルパートは、北東アジアに最も近い北米の港です。 鉄道はまた東方向に、カナダの主要都市であるウィニペグ、トロント、モントリオール、セントジョン、ニューブランズウィック、ハリファックスの各港まで、さらにはアメリカのシカゴ(北米の主要鉄道ハブ)まで伸びています。 CNの子会社は、米国、メキシコ湾、メキシコシティ、およびメキシコのベラクルスにシームレスなサービスを提供しています。

2007年の秋に、CNは新規に最先端のマルチ商品フォートサスカチュワン石油・ガス流通センターをオープンしました。 活況を呈しているオイルサンド開発エリアの中心部にあるCNのスコットフォードヤード、そして北米で石油・ガス産業にサービスを提供するアップグレードおよび処理プラントの最大の集中地の1つに隣接しているという理想的な立地です。

カナダ太平洋鉄道

ハートランドの産業はまた、22,500 km(14,000マイル)のCPネットワークを利用することもできます。 他のキャリアとの提携により、CPの市場はカナダ、米国、メキシコに拡大しています。

CPのカルガリーターミナルから、バンクーバーまでは直通の西部鉄道サービスが利用可能です。 東部サービスは、ウィニペグ、シカゴ、トロント、モントリオールその他に接続しています。 CPの子会社では、ミネアポリス、ニューヨーク、フィラデルフィア、ワシントンDCのアメリカ各都市への直接アクセスが可能です。

カナダ・アメリカコリドー号は、カナダ太平洋鉄道とユニオンパシフィック鉄道の相互利用同盟であり、米国、カナダ、メキシコ間の商業交通を加速させています。 ターミナルストップの数が少ないルートを打ち出し、ターミナルでの処理時間の短縮、通関プロセスの合理化などの機能を提供します。

2007年5月、CP鉄道は、アルバータ州で開発中のインダストリアル・ハートランドにあるエドモントンの北東に位置する計画済みおよび既存のビチューメンアップグレードにサービスを提供する鉄道を建設するための規制承認を求めていることを発表しました。 鉄道は、北サスカチュワン川の両側に位置する事業所への直接の鉄道サービスを可能にする25 km(16マイル)の用地の手配を行っています。

インターモーダルサービス

カナディアン・ナショナル鉄道は、エドモントン北西部の拠点からインターモーダルサービスを提供しています。一方、南エドモントンではカナダ太平洋鉄道のインターモーダルサービスが利用できます。

鉄道に関するその他のリソース

道路

アルバータ州には181,000キロメートル(112,000マイル)の公道があります。 このインフラの20,000キロメートル(12,000マイル)以上は舗装道路と高速道路で、北アメリカ中西部のすべての主要市場を直接結んでいます。

アルバータ州の最高品質の高速道路システムは、最大63,500キログラム(140,000ポンド)のトラックに対応することができます。 重量や寸法が大きいトラックに対応することで、可能な限り単位コストを下げることができるのです。 アルバータ州の産業は、最低の道路燃料税の恩恵を受けています。また州の消費税はありません。 州は、燃料税と手数料からの収入を地方道路網の維持と拡大に投資しています。 アルバータ州の自治体インフラストラクチャ・プログラムは、高速道路63のツイン接続、橋梁の改良、道路の拡幅など、フォートマクムラリーのインフラ品質を良くしています。

アルバータ州には、カナダの太平洋岸から大西洋岸までの高速道路システムの一部を形成する2つの東西高速道路があります。

  • ハイウェイ1 —カルガリーを通過するトランスカナダ
  • ハイウェイ16 —エドモントンを通過するトランスカナダ

南北交通は、クイーンエリザベスII(QEII)ハイウェイにより、以下を提供します:

  • エドモントンとカルガリー間の直接接続
  • アラスカハイウェイへの接続
  • Canamex貿易回廊を介して、クーツ、アルベルタやスウィートグラス、モンタナなどの米国国境への接続。インターステート15と平行しており、アイダホ州、ユタ州、アリゾナ州、ネバダ州、カリフォルニア州などアメリカを通過し、ソノラ、シナロア、ナヤリット、ハリスコ、グアンファト、ケレテロ、エスタドデメキシコといったメキシコ諸州、およびメキシコシティまで到達します。

AIHの産業は、ハイウェイ16(イエローヘッドトレイル)などの主要なトラック輸送ルートにより、エドモントン-カルガリーコリドー、西海岸、最東端のウィニペグまで、主要市場との接続が良好です。

道路に関するその他のリソース

航空

AIHの産業は、エドモントン空港へのアクセスが良好です。 エドモントン国際空港は、乗客数ではカナダで5番目に大きい空港で、2006年には520万人以上が利用しています。 大陸で2番目に大きい空港であり、航空交通の200%の増加に即座に対応できます。 そして、カナダ最北端の24時間営業の国際空港です。 11の主要航空会社が定期的にこの空港を利用しています。

エドモントン国際空港は、エドモントンとカルガリーを結ぶ主要高速道路であるハイウェイ2沿い、エドモントンの南に位置しています。 エドモントン市街とウィニペグ、バンクーバーを結ぶイエローヘッド・トランスカナダハイウェイにも近接しています。 空港のユーザーは、 Via鉄道の大陸横断ルートに近いという利便性を高く評価しています。

国際空港に加えて、ストラスコーナ郡とスタージョン郡には両方に地方空港があります。

ストラスコーナ空港は、二次高速道路830のジョセフブルクの北1.6キロ(1マイル)、AIHの南約5キロ(3マイル)にあります。 管理者は、ストラスコーナ郡で、 この空港は個人所有の商用機に使用されます。 敷地周辺の土地は主に農業に使用されています。 この空港の特徴としては以下が挙げられます。舗装された滑走路1本、裸地のリース用地28か所(リース可用性についてはお問い合わせください)、航空機のタイダウン12か所(可用性についてはお問い合わせください)。

ヴィルヌーヴ空港はエドモントンの北西に位置し、エドモントン首都圏の主要な飛行訓練施設です。 この空港の航空管制塔は毎日午前8時から午後9時まで業務を行っています。 タワーの隣にある小さなターミナルには、NAV CANADAのフライト情報キオスクがあります。 その特徴は次のとおりです。舗装された滑走路2本、 12機の格納庫。総敷地面積は573ヘクタール(1,415エーカー)。 年間約75,000の航空機の離発着があります。

航空に関するその他のリソース

パイプライン

低コストでの長距離輸送は、アルバータ州インダストリアル・ハートランドにあるプラントサイトの経済的成功に不可欠です。

州には、373,000キロメートル(231,000マイル)を超える原油、天然ガス、サワーガス、その他のパイプラインの広範なシステムがあります。 ほとんどの原料と天然ガスに加え、炭化水素製品の供給もに使用されています。 アルバータハブと呼ばれるこのインフラストラクチャは、アルバータ州およびカナダ西部の堆積盆地から国内および米国の市場に、1日あたり最大170億立方フィート(Bcf / d)の天然ガスを供給します。

Alberta Energyは、以下の提案されているパイプラインの潜在的な容量について報告しています。

  • マッケンジーバレーのパイプラインにより、さらに1日あたり1.2〜1.9 Bcfをアルバータ州および他の市場に出荷できる可能性がある
  • アラスカからのパイプラインは、さらに1日あたり4.0〜6.0 Bcfをアルバータ州および他の市場に出荷できる可能性がある

天然ガス

アルバータ州には、世界で最も広範囲にわたって開発されているガスシステムの1つがあります。 アルバータハブは500,000キロメートル(310,000マイル)のガスパイプラインをつないでいます。これは、地球を13周するのに十分な長さです。 アルバータ州の天然ガスパイプラインは、以下を含む大規模ネットワークの一部です:

  • カナダ西部の石油産出地域における200,000キロメートル(124,000マイル)のフローラインと収集システム
  • 処理プラントからカナダの消費地域および輸出地点までの60,000キロメートル(37,000マイル)の伝送パイプライン
  • 住宅、商業、産業ユーザーへの245,000キロメートル(152,000マイル)の配送パイプライン

石油

アルバータ州の石油パイプラインネットワークには、世界最長の原油および液体パイプラインシステムが含まれています。また天然ガスの主要な供給者となっています。 ノースウェスト準州のノーマルウェルズからアルバータ州エドモントン、オンタリオ州サーニア、ケベック州モントリオール、そしてアメリカ中北部まで広がっています。 もう一つの主要なパイプラインは、エドモントンから西に向かいバンクーバー、そしてワシントン州まで石油を運搬します。

AIHにはエンブリッジパイプラインシステムがあります。これは、カナダ最大かつ世界最長の原油および液体パイプラインシステムです。 エンブリッジは、カナダから米国への原油の主要輸送業者であり、このパイプラインはカナダ西部から東部へ原油を輸送する唯一のものです。 このシステムは、カナダ国内約9,000キロメートル(5,600マイル)の本線パイプと米国の6,000キロメートル(3,700マイル)の本線パイプで構成されています。 米国部分の本線は、 レイクヘッドシステムと呼ばれています。

エンブリッジ・パイプラインシステムは、1日あたり約200万バレルの原油および液体を供給します。 同社は、エンブリッジ・ゲートウェイ・プロジェクトの一環として、2本の新しいパイプラインの開発を検討しています。

パイプラインに関するその他のリソース

土地利用計画

アルバータ州インダストリアル・ハートランドで開発または拡張を予定している産業、企業、および住民は、地方自治体、州、および連邦の政策と法律の対象となります。 適用される法律および申請承認は、プロジェクトの種類、その特定の要件と場所によって異なります。

市町村

地方自治体の土地利用細則は、土地をどのように使用できるか、また特定の自治体で建物、構造物、標識をどこでどのように造成・設置できるかを定義しています。 細則はまた、自然環境の保護および動植物の生息環境についても規制します。 そこから選択、ライフスタイル、環境の多様性を実現する計画的、効率的、経済的、かつ有益な開発がもたらされます。

アルバータ州インダストリアル・ハートランド・アソシエーションは、地域の経済開発および各自治体の計画担当官と協力して、用地プロジェクトや公募要項の作成を支援します。 詳細についてはお問い合わせください。

Alberta Environment and Parks(アルバータ州環境公園省)は、工業地帯の土地開発を監督する重要な州政府部門です。 この省は次の情報を提供します:

  • 開拓
  • 土地の質と用途
  • 上流の石油およびガス開発プログラム
  • 石油貯蔵タンク用地
  • 統合リソース管理
  • 土壌および地下水の評価・管理
  • 保護および執行
  • 廃棄物管理

連邦政府

Canadian Environmental Assessment Agency(カナダ環境評価局)は、開発に関心のある企業と連携する主要な連邦立法機関です。 この機関は、健全な環境を保護および維持するための計画ツールとして環境評価を推進しています。また、経済成長と健全な生態系との調和を望むカナダ人の期待に応えることもその一環となっています。

カナダ環境影響評価法およびその規制は、プロジェクトが環境に重大な悪影響を及ぼさないことを保証し、環境評価プロセスへ公衆が参加する機会を促します。 それは、連邦政府当局が持続可能な開発を促進することを奨励しています。

上記の機関に加えて、 Energy Resources Conservation Board(エネルギー資源保護委員会)そしてNational Energy Board(国家エネルギー委員会)からも情報や評価が要望されることがあります。

地図

Land Ownership and Company Summaries(土地所有権と会社概要)
2020年1月

Geographic Information System(地理情報システム)
アルバータ州インダストリアル・ハートランドGISマップと詳細な企業レポート

その他の地図および関連するサイト

Oil Sands Developers Group Interactive Map(オイルサンド開発者グループのインタラクティブマップ)
OSDGのウェブサイトへのリンク、オイルサンドプロジェクトのインタラクティブマップ付

アルバータ州
主要な都市、アルバータ州インダストリアル・ハートランドの位置を含む

*新しい情報が利用可能になると、マップが追加および更新されます

規制監督

アルバータ州の新規および拡張プロジェクトの両方が規制当局による審査と精査の対象となっています。 地方自治体の承認に加え、プロジェクトの種類と場所に応じて、以下の組織・機関の1つまたは複数が、プロジェクトの規制プロセスに関与する場合があります。

Alberta Energy(アルバータ州エネルギー省)

Alberta Energy(アルバータ州エネルギー省)は州政府に置かれている省で、州が所有するエネルギーおよび鉱物資源の開発を業界別に管理し、ロイヤルティ、鉱物自由保有税、賃借料および利益配当金の形で再生不可能資源収益の評価および徴収を担当します。 その使命は、アルバータ州の利益のためにアルバータ州のエネルギーおよび鉱物資源からの継続的な貢献を最適化することです。 アルバータ州エネルギー省は、州のエネルギーおよび鉱物資源の開発を促進し、エネルギー・鉱物関連の政策を推奨および実施し、事業者に探査および開発の権利を付与し、財政体制およびロイヤルティシステムを確立・管理します。 資源のポートフォリオには、天然ガス、従来の石油、オイルサンド、石油化学製品、電力、石炭、鉱物、再生可能エネルギー(風力、バイオエネルギー、太陽光、水力、地熱など)、エネルギー効率と保全が含まれます。

エネルギー省はまた、エネルギー資源保全委員会によるエネルギー開発の規制(内容については以下を参照)、およびアルバータ州公益事業委員会による公益事業開発の規制(内容については下記を参照)にも責任を負っています。

Alberta Environment and Parks(アルバータ州環境・公園省)

アルバータ州環境・公園省は、州政府に置かれている省で、アルバータ州の自然環境を保護し充実させ、すべての人が清潔で健康的な環境を継続して享受できるようにする責任を負います。 その使命は、アルバータ州の環境システムを効果的に管理し、質の高い生活を維持することです。

ここの大臣は、独立したEnvironmental Appeals Board(環境上訴委員会)も兼務します。これは、アルバータ州環境省によって管理されるさまざまな法律の下で行われた決定からの訴えを聞くための立法権限を持つ独立行政機関です。

Alberta Utilities Commission(アルバータ州公益事業委員会)

アルバータ州公益事業委員会 (AUC)は、ERCBと同様に、アルバータ州政府の準司法機関です。 ただし、AUCはアルバータ州の公益事業を担当します。公益事業のサービスが必ず、公正に責任をもって公衆の利益のために提供されるようにします。 これは、投資家が所有する天然ガス、電気、水道、および特定の地方自治体が所有する電気事業を規制して行われます。そして、顧客が安全で信頼性の高いサービスを妥当な料金で確実に受けられるようにします。

AUCはまた、アルバータ州の小売りガスおよび電力市場だけでなく、卸売電力市場の開発および運営における規制監督も行います。 ERCBと同様にAUCは、公聴会を介して、参加者、オープンハウス、申請者との協議などを通じて、アルバータ住民が申請プロセスに関与する機会を提供します。

Alberta Energy Regulator(アルバータ州ネルギー監督局)

アルバータ州ネルギー監督局(AER)は、アルバータ州政府の独立した準司法機関であり、さまざまな部門や支部で構成されています。 AERは、エネルギー開発の申請、コンプライアンス保証の監視、開発の廃止、その他エネルギー資源活動すべての側面に関する決定を行います。

Natural Resources Conservation Board(天然資源保護委員会)

天然資源保護委員会 (NRCB)は、アルバータ州政府の機関であり、持続可能な資源開発大臣に対する報告を作成します。 NRCBは、天然資源保護委員会法と農業経営実務法の2つの法律に基づいています。 これらの法律の下で、NRCBは非エネルギー天然資源開発と限定的な給餌事業を規制しています。

委員会は、アルバータ州の天然資源開発が確実に社会的、経済的、環境的に持続可能な方法で行われるようにします。 委員長を含む4人のメンバーからなる委員会は、副総督により任命されます。

Major Projects Management Office(主要プロジェクト管理事務所)

主要プロジェクト管理事務所 (MPMO)は、カナダ政府機関の組織であり、その役割は、連邦規制審査プロセスにおける主要なリソースプロジェクトの包括的なプロジェクト管理と説明責任を提供することです。 MPMOは連邦の省庁と連携し、連邦規制プロセスへの唯一の窓口となっています。

MPMOは2007年に設立され、天然資源大臣への報告書を作成します。